着物のたたみ方 着物の基礎知識 着物の京染卸商業組合

京染卸商業組合

京染卸商業組合は、「安心と信頼」のおける「着物のプロ集団」です

京染きもの彩あそび

京染きものPDFカタログ

着物選び
京染組合がお勧めする
カタログで
あなただけの一枚を
京染グッズ販売
舞妓カレンダーなどの
京染グッズが
お買い求めいただけます
京染卸商業組合
〒604-8333
京都市中京区西堀川通三条下ル
下八文字町702
TEL (075)801-3355
FAX (075)801-3359
着物のたたみ方

着物のたたみ方

自己流の間違ったたたみ方は、シワをつくってしまう原因に。
手順と方向をきちんと守ってたたみましょう。
本だたみ
本だたみは、着物の最も基本となるたたみ方です。
染め、織りを問わず、ほとんどの着物はこの方法で保管します。
説明画像1
1

裾を右にして着物を平らに広げ、脇の縫い目で折ります。下前の袵(おくみ)を袵線で手前に折り返します。
説明画像2
2

上前の襟と袵を下前に合わせて重ねます。
このとき、背縫いの襟から少し下(B)と襟肩の角(A)から、襟を内側に倒して折ります。(詳細図参照)
説明画像3
3

背縫いで折って、左の脇縫いを右の脇縫いに合わせ、左右の身頃と袖を重ねます。
説明画像4
4

左袖を身頃の上に折り返します。このとき男物は袖幅が広いので、袖付けの縫い目より少し袖側を折ります。
説明画像5
5

身頃の丈を2つ折りにします。襟部分がかさばらないように、襟先のあたりで折り返すとよいでしょう。
説明画像6
6

きものを向こう側に返し、右袖を身頃に重ねます。
説明画像7
7

収納場所に合わせて、さらに小さくたたむ場合は、袖丈の位置で折ります。紋があれば、紋に薄紙を当てておきます。

ページトップへ