京都の着物情報サイト 京染卸商業組合

京染卸商業組合

京染卸商業組合は、「安心と信頼」のおける「着物のプロ集団」です

京染きもの彩あそび

京染きものPDFカタログ

着物選び
京染組合がお勧めする
カタログで
あなただけの一枚を
京染グッズ販売
舞妓カレンダーなどの
京染グッズが
お買い求めいただけます
京染卸商業組合
〒604-8333
京都市中京区西堀川通三条下ル
下八文字町702
TEL (075)801-3355
FAX (075)801-3359
着物の着付け

男の帯結び / 浪人流し

角帯の結び方のひとつで、貝の口結びよりも簡単と言われています。
結び目が平らなので車の運転など、長時間座る際にはこの結び方が適しています。

最初の基本は手先や垂れ先の長さ以外は貝の口と同じです。
いつも貝の口の方は気分転換にこちらにチャレンジしてみては?

動画での解説を見る

  1. 1 帯の端を半分に折って輪を下にし、右手で持つ。(これを手先と呼ぶ)
    手先を右脇から握りこぶし一つ分弱残し、左脇で広がるように巻いていく。

    説明画像_1

  2. 2 二周目または三周目に余った垂れ先を内側に折り返し、垂れ先の長さが手先より若干長めになるように、長さを調整する。(詳しくは貝の口参照

    説明画像_2

  3. 3 手先を下にして、垂れ先で手先をくるむように締める。

    説明画像_3

  4. 4 垂れ先を一周目と二周目の間に上から差し込み、締める。

    説明画像_4

  5. 5 おなかを引っ込めて、えりを崩さないように時計回りに結び目を後ろへまわし、完成。結び目は背中心から少しずれているほうが粋に見えます。

    説明画像_5


ページトップへ